FC2ブログ
classe 暮らしに自然力。―クラッセ On Line Shop―
最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実りの秋です

こんにちは。クラッセの森下です。

急に秋らしくなりました。
この季節、みかんがりやイモほりなど、子どものイベントも盛り沢山。

先日は、近くの観光農園、福田農場にみかんがりに行ってきました。
コラーゲンゼリーの甘夏でもお世話になっています。

今回は、温州みかん。
みかんがりは10月下旬からオープンしています。

DSC_2234.jpg

秋晴れの最高の天気です。

考えてみると、私はみかんがりは初めての経験でした。
娘は幼稚園の行事などで経験済、私にハサミの持ち方や切り方などを教えてくれました。

DSC_2250.jpg

青空の下でいただく甘くてジューシーなみかんは、最高です。


帰ったら、先日の芋掘りで持ち帰った大量のサツマイモでおやつを作ります。

自然の恵み、ありがたくいただきます。




スポンサーサイト

夏に青汁デビューを。

こんにちは。クラッセの森下です。

暑い毎日、まめに水分補給をしながら過ごしています。
汗をかくと水分とともにミネラルも同時に失うため、意識して水分&ミネラルを補給する必要があります。

以前から青汁に興味はあるけど、なかなか始められなくて・・・という方、
この暑い夏に是非青汁デビューをおすすめします。

青汁イメージ

クラッセの青汁の原料は「桑」。熊本産の無農薬栽培桑の葉です。
ミネラルが豊富でカフェインレス、とても飲みやすいのが特長です。
ダイエットにもおすすめです。

「くわの葉100%青汁」と「乳酸菌入桑の葉青汁」の2種類ございます。

夏はペットボトルのお水に直接入れてシェイク、シェイク。
手軽にお飲みいただくことができます。

是非お試し下さい。







水俣の海で夏休み満喫中

こんにちは。クラッセの森下です。

毎日凄まじい暑さです。
外出も億劫になりがちですが、子どもはそんなことおかまいなしです。
先日は、地元水俣の湯の児海水浴場に行きました。

DSC_1995.jpg

湯の児の人工ビーチは、小さい子どもも安心して遊ぶことができます。
遠浅で波も穏やか、水も綺麗です。

先日水俣の海でタツノオトシゴの新種が発見されましたが、本当に綺麗な海なのです。

DSC_1998.jpg

昨年までは水を怖がっていた娘も、浮き輪に乗って、バタ足でどんどん進んでいきます。

DSC_1953.jpg

休憩を取りながら、午前中たっぷり遊び、途中でスイカ割りも。

嬉しいことに温泉がすぐ近くなので、立ち寄り湯に行くこともできます。
それに人があまり多くないところも嬉しい。

DSC_1978.jpg

家から車で10分。
しばらく、近場の海で楽しめそうです。




昔からある乳酸菌が今またブーム

こんにちは。クラッセの森下です。

今やサプリメントに限らず、飲料やお菓子にも配合されている「乳酸菌」。
乳酸菌は以前からありますが、なぜ今ブームになっているのでしょうか。

医療費が増大し、少子高齢化の今、国は「機能性表示食品制度」をスタートしました。
「健康は自分で守るもの」という考え方を国が示したかたちです。
乳酸菌はヨーグルトなどで、体に良いと認知度も高く、また大手メーカーが使用している安心感、
その効果についての研究も進んでいます。

1857年、乳酸菌をは初めて観察したのは、オランダの学者と言われています。
その後、フランスの科学者、パスツールによって本格的な乳酸菌の研究が進められ、
発酵や腐敗が微生物によるものだということがわかりました。

さらに、微生物を培養する新たな方法がドイツの科学者によって考案され、
イギリスの外科医が 乳酸菌の培養をはじめて成功させます。

1899年には、「パスツール研究所」で乳酸菌のひとつであるビフィズス菌が発見されます。
母乳栄養児の便からビフィズス菌を分離することに成功したのです。
乳酸菌の研究がスタートしてから100年以上がたった今でも、パスツール研究所をはじめ、世界中で研究は
進められており、新種も発見されています。

クラッセの商品も乳酸菌を配合しています。

「乳酸菌入桑の葉新芽青汁」は植物由来の乳酸菌を使用しています。
乳酸菌のエサとなるオリゴ糖、ラクトフェリンも配合しています。

青汁イメージ


「青みかんフルミン」はヒト由来の乳酸菌を使用しています。
より吸収されやすいナノ型乳酸菌です。

aomikan_4.jpg


これからの季節、日頃の健康維持にどうぞお役立てください。






酷暑が続いています

こんにちは。
クラッセの森下です。

梅雨が明け、凄まじい暑さの毎日です。
極力外に出たくない私ですが、子供のパワーは室内遊びだけでは消化できず、
午前中や夕方に公園に出かけます。

湾岸の埋立地「エコパーク」は、娘も大好きな公園です。
競技場やバラ園、竹林園、遊具のある公園など、東京ドーム10個分の広さのパークは憩いの場です。

DSC_1825.jpg

あまりの暑さ、さすがにあまり人がいません。

DSC_1826.jpg

なんとか早めに切り上げて、近くの温泉へ。

水俣には、海辺の湯の児温泉、山間の湯の鶴温泉があります。
今回は湯の児へ。

DSC_1842_201807261508199cf.jpg

露天風呂からは、不知火海を見ることができます。

とても気持ちよくゆっくり入りましたが、娘と二人、「夏に温泉は暑いね」と
話しながら帰りました。




新蜜の季節です

こんにちは。
クラッセの森下です。

田舎にいると、季節の農産物をおすそ分けいただきます。
たけのこ、タラの芽、サラたま、甘夏・・・この春も色々なものをいただきました。
地元の旬のものを美味しくいただけるのは、とても嬉しいです。

先日は水俣の無農薬レモン。
とても綺麗で丸くて大きい!

蜂蜜レモン3

おすそ分けしても沢山のレモン。
とりあえず、蜂蜜レモンを作ってみました。


蜂蜜レモン1

使いかけの蜂蜜に1玉分のレモンスライスを投入。

蜂蜜レモン2

レモンティーや炭酸で割ってレモネードにしています。

そろそろ新蜜の季節です。

hatimituremon.jpg

クラッセのはちみつは、100%熊本産の純粋蜂蜜です。
貴重な国産はちみつの、さらに蜜柑、晩白柚、不知火(デコポン)のそれぞれの花から採った単花蜜です。


贈り物にいかがでしょう。






今年初、桑の新芽収穫しました

こんにちは。クラッセの森下です。

5月下旬、早くも熊本は梅雨入りです。
今年も桑の新芽刈り取り時期がきましたので、桑畑に行ってきました。

前日の雨で空気が澄んでいて、桑の葉も輝いています。

DSC_1676.jpg

早朝から刈り取りを開始、畑の横にはトラックが待機し、刈り取った葉はすぐに近くの工場へ運ばれます。
鮮度を保つため、収穫から30分以内で加工を開始します。

DSC_1681.jpg

① 阿蘇山麓で無農薬栽培だから安心安全
② 機能性の高い新芽部分だけを使用しているからスッキリ
③ 収穫から30分以内に加工開始しているから鮮度良し

これがクラッセの桑の葉青汁の大きな特長です。

これからのシーズン、水分補給に青汁をどうぞ。
フレッシュな味わい、夏に向けてスッキリスタートです。

クラッセ







「五月病」と「うつ」と「更年期」

こんにちは。クラッセの森下です。

私もアラフィフ、更年期障害が気になるこの頃です。
日々色々なことがありますがら、気持ちが沈んだり、こどもを叱って自己嫌悪に陥ったり、
もう、仕方ありません。

これは、五月病なのか、うつなのか、それとも更年期だからなのかしら・・・。

■「五月病」とは大きく変わった環境にようやく慣れてきたころに出てくる悩みや意欲の低下、
体の不調のことです。「五月病」は医学的な病名ではありませんので、明確な診断基準もありませんが、
環境への適応が難しく精神的・身体的不調が出る「適応障害」の一種なのだそうです。

■「うつ病」の主症状は精神に起こります。憂鬱な気分、行動や思考の抑制など。
悲哀・おっくう・不安・罪責感・決断不能などをともないます。
中には不眠・頭重感のような身体的な症状が起こることもあります。

五月病は自尊心が保たれ、「周囲が悪い」と思う、うつ病は「自分が悪い」と思う、というのが特徴のようです。

■「更年期障害」は自律神経失調症を中心とした不定な症状を訴える状態です。
女性の更年期障害は、閉経近くに卵巣の機能が低下し、女性ホルモンのエストロゲンが減少し、
のぼせ、ほてり、倦怠感、めまい、不眠など様々な症状が現れます。



更年期障害軽減と美容ために、毎日「プラセンタ」を飲んでいます。

プラセンタバナー500
  クラッセのプラセンタ




春特有の肌荒れ「ゆらぎ肌」にもコラーゲン

こんにちは。クラッセの森下です。

今年は桜が早かったですね。
去年の今頃、娘の入園式で桜が満開だったのを覚えていますが、今年はすっかり葉桜です。


さて、季節の変わり目の春は、吹き出物が出やすくなります。
春のこの時期に毎年肌トラブルが起こるというお声を聞きます。

冬の間の疲れが肌に現れ、暖かくなって皮脂の分泌が盛んになり、急激な気温変化が
肌の新陳代謝を乱し、さらに強い紫外線による刺激など・・諸々が原因と言われています。

新生活などの環境の変化による「ストレス」、花粉やPM2.5などの「ほこり」も一因です。

このように季節の変わり目に、気温や環境変化によりお肌が敏感になっている状態を、
近年「ゆらぎ肌」と呼び、女性に急増しているそうです。敏感肌に似た症状になります。

「ゆらぎ肌」では、お肌の状態が不安定なのでいつも以上に気を付ける必要がありますが、
過剰なスキンケアは逆効果になることがあります。
コンスタントなお手入れを続けて肌のゆらぎを安定させてあげるのが良いようです。


体の中からの肌ケアも忘れずに!

プレケア    プレケアα500×500バナー(文字なし)

クラッセのコラーゲンゼリー 「コラーゲンプレケア 甘夏味&ミックスベリー味」




〒867-0066 熊本県水俣市古賀町2-5-11 TEL:0966(83)8030 FAX:0966(83)8031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。