FC2ブログ
classe 暮らしに自然力。―クラッセ On Line Shop―
最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「五月病」と「うつ」と「更年期」

こんにちは。クラッセの森下です。

私もアラフィフ、更年期障害が気になるこの頃です。
日々色々なことがありますがら、気持ちが沈んだり、こどもを叱って自己嫌悪に陥ったり、
もう、仕方ありません。

これは、五月病なのか、うつなのか、それとも更年期だからなのかしら・・・。

■「五月病」とは大きく変わった環境にようやく慣れてきたころに出てくる悩みや意欲の低下、
体の不調のことです。「五月病」は医学的な病名ではありませんので、明確な診断基準もありませんが、
環境への適応が難しく精神的・身体的不調が出る「適応障害」の一種なのだそうです。

■「うつ病」の主症状は精神に起こります。憂鬱な気分、行動や思考の抑制など。
悲哀・おっくう・不安・罪責感・決断不能などをともないます。
中には不眠・頭重感のような身体的な症状が起こることもあります。

五月病は自尊心が保たれ、「周囲が悪い」と思う、うつ病は「自分が悪い」と思う、というのが特徴のようです。

■「更年期障害」は自律神経失調症を中心とした不定な症状を訴える状態です。
女性の更年期障害は、閉経近くに卵巣の機能が低下し、女性ホルモンのエストロゲンが減少し、
のぼせ、ほてり、倦怠感、めまい、不眠など様々な症状が現れます。



更年期障害軽減と美容ために、毎日「プラセンタ」を飲んでいます。

プラセンタバナー500
  クラッセのプラセンタ



スポンサーサイト

春特有の肌荒れ「ゆらぎ肌」にもコラーゲン

こんにちは。クラッセの森下です。

今年は桜が早かったですね。
去年の今頃、娘の入園式で桜が満開だったのを覚えていますが、今年はすっかり葉桜です。


さて、季節の変わり目の春は、吹き出物が出やすくなります。
春のこの時期に毎年肌トラブルが起こるというお声を聞きます。

冬の間の疲れが肌に現れ、暖かくなって皮脂の分泌が盛んになり、急激な気温変化が
肌の新陳代謝を乱し、さらに強い紫外線による刺激など・・諸々が原因と言われています。

新生活などの環境の変化による「ストレス」、花粉やPM2.5などの「ほこり」も一因です。

このように季節の変わり目に、気温や環境変化によりお肌が敏感になっている状態を、
近年「ゆらぎ肌」と呼び、女性に急増しているそうです。敏感肌に似た症状になります。

「ゆらぎ肌」では、お肌の状態が不安定なのでいつも以上に気を付ける必要がありますが、
過剰なスキンケアは逆効果になることがあります。
コンスタントなお手入れを続けて肌のゆらぎを安定させてあげるのが良いようです。


体の中からの肌ケアも忘れずに!

プレケア    プレケアα500×500バナー(文字なし)

クラッセのコラーゲンゼリー 「コラーゲンプレケア 甘夏味&ミックスベリー味」




〒867-0066 熊本県水俣市古賀町2-5-11 TEL:0966(83)8030 FAX:0966(83)8031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。